俳優として

今週末、きたまり演出によるKIKIKIKIKIKIの『ぼく』に出演します。(詳細は dracom NEWS にて)

きたまりが俳優にダンスを要求するのでもなく、

また、彼女が演劇の演出に挑戦するのでもなく、

彼女がダンサーの身体に対して行う演出をそのまま俳優の演技に応用してみているのではないでしょうか。

そしてその演技とは、

今まで生きてきて自ずと培われていった出演者たちそれぞれのセンスが炙り出された結果としてのものです。

ゆえに、誇らしくもあるし、恥ずかしくもあります。

しかしながら、この感覚は、僕が舞台に立ち始めた頃は常に抱えていたように思います。

カテゴリー: dracom情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。