about


dracom

撮影:植松琢麿


公演芸術集団dracom(ドラカン)。
1992年、dracomの前身となる劇団ドラマティック・カンパニーが、大阪芸術大学の学生を中心に旗揚げ。

1997年の第7回公演『空腹者の弁』から作風が一変したのを機に、1998年1月に一部の関係者の間で使用されていた「ドラカン」という略称をそのまま集団名とすることになった。

2度のウイングフィールド再演大博覧会の他、演劇計画2004、2007、おおがきビエンナーレ2006、TPAM2008インターナショナル・ショーケース、精華演劇祭vol.12 DIVE selection vol.3、フェスティバル/トーキョー2010公募プログラム、えだみつ演劇フェスティバル2012、Sound Live Tokyo 2014(カナダの劇団Small Wooden Shoeとのコラボレーション公演)等に参加。

年に1回行われる本公演では、テキスト・演技・照明・音響・美術など、公演芸術が持っているさまざまな要素をバランスよく融合させて、濃密な空間を表出する。多くの観客に「実験的」と言われているが、我々としては我々が生きている世界の中にすでに存在し、浮遊する可能性を見落とさずに拾い上げるという作業を続けているだけである。世界中のあらゆる民族がお祭りの中で行う伝統的なパフォーマンスは、日常の衣食住の営みへの感謝や治療としてのお清め、さらには彼らの死生観を表現していることが多い。我々の表現は後に伝統として残すことは考えていないが、現在の我々がおかれている世界観をあらゆる角度からとらえ、それを社会に向けてユーモラスに表現しているという意味で、これを「祭典」と銘打っている。

[連絡先] dracom制作部 ( E-mail: info@dracom-pag.org 、 FAX : 06-6878-6090 )

 

dracom メンバー

dracom leader  筒井 潤 ( Jun TSUTSUI )  主な担当:作、演出、出演など
演出家、劇作家、俳優。2007年京都芸術センター舞台芸術賞受賞。dracomの活動の他、過去には桃園会、『新長田のダンス事情』(Dance Box)、『Silent Seeing Toyooka』(城崎国際アートセンター)等で演出、そして山下残振付作品、マレビトの会、KIKIKIKIKIKI、維新派、akakilike、悪魔のしるしの公演に参加等、様式やジャンルを問わない活動で注目されている。公益社団法人日本劇団協議会機関紙『join』86号特集記事「私が選ぶベストワン2015」において、毎日新聞大阪本社学芸部の畑律江氏がベスト1演出家に選出。TPAM2016コプロダクション「アジアン・アーティスト・インタビュー」におけるインタビュアーとしての活動がYouTubeで公開中。

 

performer  鎌田 菜都実 ( Natsumi KAMADA )  主な担当:出演
大阪出身。大阪市立大学理学部地球学科卒。2013年、dracomに参加。dracom 祭典2013 『方々ノ態(in OSAKA, Kitakagaya)』が初舞台。

 

performer  キタノ 万里 ( Banri KITANO )  主な担当:出演
大阪出身。大学入学と同時に演劇をはじめる。2013年にdracomの正式メンバーとなる。過去に努力クラブ、笑の内閣などの作品に出演。最近の出演作品に、努力クラブ「彼女じゃない人に起こしてもらう(作・演出 合田団地)」劇研アクターズラボ+村川拓也 ベチパー「人形の家(原作 ヘンリック・イプセン、構成・演出 村川拓也)」など。

 

performer  村山 裕希 ( Hiroki MURAYAMA )  主な担当:出演
dracomの前身となる劇団ドラマティック・カンパニー結成時からの在籍メンバー。桃園会『のにさくはな』、baghdad café『キンセアニェーラ』、遊劇体#58『鳥笛』『公孫樹下』などに出演。音楽家として、第17回女性芸術劇場『光をあつめて』の作曲・アレンジを担当。

 

dracom 登録メンバー

稲葉俊(Shun INABA)
俳優、劇作家、演出家。和歌山県出身。立命館大学卒。在学中、劇団西一風に所属、第2回京都学生演劇祭最優秀賞を受賞。2014年に劇団走馬灯を旗揚げ、脚本・演出活動を開始。努力クラブ『船の行方知らず』(2015)、劇団走馬灯『リクルートウォーズ』(2016)、劇団走馬灯『自己再生』(2016)などに出演または演出。

大石英史(Eiji OISHI)
大阪出身。大学在学中に演劇活動を開始。代表的な出演作品は、維新派『アマハラ』、トリコ・Aプロデュース『赤ずきんちゃん』、『From the Sea』(コンセプト・演出:ソ・ヒョンソク)。他には、努力クラブ、庭劇団ペニノ、松本雄吉演出作品、THE ROB CARLTON、壱劇屋、sons wo:、村川拓也演出作品、藤田貴大作・演出作品などに出演。

岡村ゆきを(Yukiwo OKAMURA )
大学在学中に演劇活動を始める。『たんじょうかい#2』『たんじょうかい#3』(dracom)、『秋雨』(MSP14)、『姉妹たちよ』(女性芸術劇場)、『湯けむりに花』(メイシアター・大阪大学共同事業)、長編映画「山本エリ『復元可能性ゼロ』と化す」(harakiri films)などに出演。

小坂浩之(Hiroyuki KOZAKA)
石川県金沢市出身。大学進学を機に演劇活動を開始。深津篤史、筒井潤、岡田利規、松本雄吉演出の演劇公演のほか、山下残、きたまり振付作品といったダンス公演に出演するなど、ジャンルを問わない俳優活動を行っている。

長洲仁美(Hitomi NAGASU)
茨城県出身。京都造形芸術大学映像舞台芸術学科、映像芸術コース卒業。卒業後に、dracom、大橋可也&ダンサーズ等の作品に出演。2011年から、ブラジルの振付家、Marcelo Evelinの作品に参加し『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』『BATUCADA』を国内外27ヶ所でツアーする。現在も継続中。

松田早穂(Saho MATSUDA)
兵庫県出身。俳優。京都大学学生劇団ケッペキを経て、2008年『革命について』より演劇ユニットのベビー・ピーに参加、2010年からメンバーとして2016年9月までほぼすべての作品へ出演と、衣装を担当。主な外部出演はピッコロ劇団第45回公演『泡‐流れつくガレキに語かけたこと』(作・演出:岩松了)等。

米津知実(Tomomi YONEZU)
静岡県静岡市出身。国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽専修卒業。酒井あやの、平井香織に声楽を師事。主な出演作品として、『テトラポット』(作・演出 柴幸男)、『黄金の馬車』(演出 宮城聡)、『光のない』(演出 三浦基)、『旅行者』(脚本・演出 田辺剛)、『うえる SEED』(演出 チョン・ツェシェン)、『のにさくはな』(作・演出 深津篤史)、『組みしだかれてツインテール』(作・演出 益山貴司)等がある。

 

 

dracom 在籍メンバー(現在は諸事情によりdracomでの活動は休止中)

performer  穴見 圭司 ( Keiji ANAMI )  主な担当:出演
dracom以外での出演としては、桃園会、箱の会、T.P.プロデュース、ウイングフィールドプロデュース『エンブリオン』、突撃ネクタリン、などがある。現在は休団中。

 

staff  金谷 郁 ( Humi KANAYA )   主な担当:制作業務
日ごろは舞台音響家として活躍しているが、dracomでの活動は最近はしていない。

 

 

コメントは受け付けていません。