◎2018.5.22tue, 23wed, 30wed, 31thu
滑稽な言葉 × 奇妙な演技 = 屈折した慈しみ
劇でもダンスでもない、俳優の衝動の時間

『模様曲』

“現代詩コント”と称され、好評を博した今作を
早速再演します。が、単なる再演ではありません。
「再演」という概念がそもそも正しくないのかもしれません。
新たな出演者による新たなパフォーマンスが加わります。
しかし、改訂版とかではなく、あくまでも『模様曲』。
この作品の真の意図が今回で明らかになります。
どうぞご期待下さい!

“しがみつくおばんざい 陽だまりにわだかまり アベニューなまじっか”
“どこにでもシレーっと 「きっといつかの誰かだろう」 雑にも挨拶されない”
“地球が私に ジャスト・アジャスト 言い訳知らずの人生”

[開演日時]2018年
5月22日(火)、23日(水)、30日(水)、31日(木) 19:30開演

[会場]OPA_Lab (最寄駅:JR京都線 千里丘駅)

[出演]
松田早穂、イトヲ、電電虫子、高山玲子(22,23のみ)、長洲仁美(30,31のみ)

[テキスト・演出・演奏]筒井潤

[主催]dracom

コメントは受け付けていません。